FC2ブログ

英語多読 “The Canary Caper”

多読のお仲間に人気のあるシリーズ。
題名がAから始まってZまで。「C」なのでこれは3巻。
この巻は友達にお借りした本。最近「D」と「E」を買い足しちゃいました。
今さらだなぁ~と思っていたのですが、最近するすると読めるやさしい本が読みたくなって。

SSSの書評では読みやすさレベルYL3.0~3.5となっていました。
語数も少ないし読みやすい。YL3.5はなさそう、YL3.0くらいかな。

「A」と「B」は記録を見ると2003年の7月。わぁ、5年も前だわぁ。
どうして続けてこのシリーズを買わなかったのかは覚えていませんが、もっと難しいものを読みたくなっていた時期だったのでしょうね。

主人公が子どもなので、ミステリーと呼ぶには子どもっぽいかもしれません。
子どもたちの日常と事件、久しぶりに読むと面白かったです。

         

★The Canary Caper (A to Z Mysteries#3)/ Ron Roy

ディンクとジョッシュとルース・ローズの3人は御近所で何件かペットが行方不明になっていることに気がつきます。
ペットの誘拐事件!と3人は調べ始めます。
ところが、いなくなったペットをみつけたと言う見知らぬ人が現れた。
でも礼金もいらないというその人物にまだ疑いを持つ3人でしたが、そこに事件が起こります。

力まずに読めるっていいわぁ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する