FC2ブログ

『ブーリン家の姉妹』

また映画に行ってきました。
本当はこの映画のほうが観たかったのですけれどね。
主人はきっと興味がないだろうと思ってこの映画は一人で行ってきました。

『ブーリン家の姉妹』はアン・ブーリンとその妹メアリー(映画では妹ですが、姉と書かれているものもあります。sistersですなぁ)と彼女らの運命をを握っていたヘンリー8世をめぐるお話。

王妃との間に息子のいないヘンリー8世に娘アンを差し出そうとする父。
ところが王の気に入ったのはもう一人の娘メアリーだった。
王宮に上がるメアリーはブーリン家の繁栄を担っていたのです。
移り気な王がメアリーから興味をなくすと父は姉アンに王の気を引くように命じる。
メアリーとは違って野心家のアンは王ヘンリーを引きつける。
愛人ではなく王妃にしてくれなければと王に迫るアン。

姉妹で王の愛情を奪い合うことに。
王に気に入られることで家が栄え、疎まれると没落の路。
田舎で暮らしていれば裕福ではなくても静かに暮らせていたでしょう。

アン・ブーリンが王妃になることを望んだことで英国国教会ができたわけですね。
カソリックのままでは離婚できませんからねぇ。
そして男の子を望んだアンが産んだ子が女の子だった。それがエリザベス。
後に英国女王。

ブーリン家は英国の歴史に欠かせないわけですね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する