FC2ブログ

英語多読 Thanksgivingがなかったかも?

図書館でお借りしたThanksgivingの本です。
11月の第4木曜日がThanksgivingですね。(アメリカでは)

私が中学の時教科書に載っていたようにも思うけれど「なんだろ?」って思っていました。
ピルグリムファーザーズがイギリスから渡ってきた時、冬に食料が不足。
インディアン(ネイティブアメリカンって呼んだほうがいいのかな?)に助けられて生き延びた。
それを祝う日なのですね。

       

★Thank You Sarah - The Woman Who Saved Thanksgiving
 / Laurie Hlse Anderson、 Illustrated by Matt Faulkner

かつて感謝祭はニューイングランドでは祝われていたけれど南部や西部など他の地域では忘れられていたのです。
その感謝祭を守ったのは強ーいスーパーヒーローではなくてサラという女性だったのです。

サラはたくさんの手紙を政治家や大統領にまで出して「感謝祭を国民の祝日に!」と訴え続けました。
“No!”と言われてもくじけずに。
南北戦争の頃は「国民が一つになるためにも必要!」と手紙を書き続けました。
そして、とうとうリンカーンが“Yes”と言ったのです!


なるほどねぇ。
インディアンに助けられたのに後にインディアンを弾圧したわけですよね。
それなのに感謝祭なんだぁ。なんか変だなぁと中学の頃思ったものです。

そうか、インディアンに助けられたことをインディアンに感謝しているのじゃないんだ。
助けられ、生き延びたことを神に感謝してるわけですね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する