FC2ブログ

図書館でお借りした絵本

以前に読んだ絵本を読み返したくて図書館でお借りしてきました。
絵本をたくさん家に置いておくのは我が家では無理なので、図書館の棚は我が家の本棚と考えて、読み返したくなると借りてきます。

面白くておかしくて、読み返すたびに笑っちゃうこの絵本。
  
   

★Click,Clack,Moo Cows That Type / Doreen Cronin, Pictures by Betsy Lewin

ブラウンさんの農場の家畜小屋でタイプを打つ音がします!そんなばかな!
ブラウンさんが行ってみると張り紙が!「ここは寒いので電気毛布をください。 あなたのうしより」
ブラウンさんがほっておくとまた張り紙が「今日はミルクなし! あなたのうしより」
ブラウンさんがほっておくと「にわとりも寒いので電気毛布を欲しがってます。 あなたのうしより」
「今日はミルクもたまごもありません!」の張り紙にブラウンさんも困り果て、中立の立場のアヒルに手紙を配達してもらいます。

さて、電気毛布はどうなったかな?
この本には続編もあって、アヒルくんなかなかやり手です。(笑)


   

★Leo the Late Bloomer / Robert Kraus, Pictures by Jose Aruego
『おそざきのレオ』

小さなレオはまだお友達と同じように字を書いたり絵を描いたり話したりが上手にできません。
心配するお父さんにお母さんはいいます。「レオはおそざきなだけよ」
それでも心配するお父さんの姿がなんともほほえましいのです。
じっくり花開くのを待ちたいですね♪
語数もほんの少しなのですけれどね。ほのぼのとする絵本です。


   

★The Snowy Day / Ezra Jack Keats

ペーターが目を覚ますと雪が積もっていました。
コートを着て外に出るとたのしいことがいっぱい!
まっさらな雪の上に足跡をつけたり、雪だるまをつくってみたり。
たのしかったから明日もたのしみたいとペーターは雪を丸めてコートのポケットにしまっておきました。
でも、眠る前にポケットを見てみると雪はとけてしまっていました。
悲しい気持ちで眠りにつくペーターですが...

ちいさい頃大阪市内に住んでいたので絵本で見る雪や雪だるまはあこがれでした。
その後移り住んだところは山が側にあるところで、冬になると雪が積もるのがとっても嬉しかったです。
雪合戦やおおきな雪だるまを作ったのは楽しい思い出です。
雪だるまが大きすぎて頭を乗せられなくて友達のお父さんに乗っけてもらいましたっけ。

冬が近づくと読み返したくなる絵本なんです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する