FC2ブログ

inって?onって? “A Cat in the Tree”

酒井先生の多読の講演会で時々例にあげあれるORTの中の1冊があります。
ORTの他の本のことでもいっぱいお話したいのでしょうが講演会には時間ってものがありますもんね~。)
私がこの本のことを最初に講演会で聴かせてもらったのはいつだったかしら?

        Cat in the Tree, A.jpg

このお話は「猫が木に登ってしまって、その猫を降ろそうとハシゴをかけて登ったお父さんが降りられなくなって...」というお話。

講演会では「A Cat in the Tree 猫が木の上にいる。そういう意味ならどうしてon the Treeじゃないんでしょうね?」という。
学校で英語を習ってきた日本人の私たちはこれを英語で言おうとするとonを使うのじゃないか。
だって「...の上に」は「on」って習ったものね。
でも、「in」なの。
「on」だと木の幹に猫の絵が描いてあるとか、猫が埋め込まれてるとかって感じだとか。(埋め込まれてたら児童書じゃなくてホラーですよ。)

講演会で聞いたとき「ほ~、英語で書けと言われたらonって書くかも。」と思った。
でもね、私この本を読んだ時に「inを使うんだなぁ~」なんて思わなかったんです。気がつかなかった。
もともと注意深い方ではありませんから自分が気がつかなくてもあまり不思議に思いませんでした。

今頃気がついたんです、私「猫が木の上にいる」と日本語で考えていなかったのだということを。
映像というか思い描いていたというか...。

猫ってわがままなところがあって、かまわれたい時もあるけどかまわれたくない時はどっかへ行っちゃう。
この猫ちゃんはかまわれたくなくて、しかも自分は高みの見物を決め込んでいると思った。
枝葉に囲まれて隠れていたい。そんなところを思い描いたんだったと思います。

「on」はくっついてる感じ。「上」じゃないなぁ~。「in」も「中」ってのとも違う感じ。
包まれてるの。なんだか漠然としていますけど。

I feel good when I’m in Kimono♪
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する