FC2ブログ

ポートランドとサンフランシスコなどをぶらぶらと (その9)

朝起きると晴れ!と言いたかったけれど目を覚ました頃は薄暗かったのでわからなかったのです。
朝食をすませ車を走らせヨセミテ国立公園へ向かいます。

前日に国立公園の入園料を払っているので(1週間有効なんです。)“Welcome back!”と声をかけてくれます。

途中、朝霧に霞むmeadowを眺めつつ、まだ人影も少ない国立公園の中心、ヨセミテビレッジへ。

 DSCN02500001.jpg

昨日は霞んでいたエル・キャピタンも青空にくっきりです。

 DSCN02520001.jpg

まだ人が少ないのでビジターセンターへの道では鹿が散歩中。

    DSCN02580001.jpg

ヨセミテ滝の近くまで歩いていったのですが、春に来たときは雪解け水で水量が多く迫力があった滝も今の時期は水量が少なくてちょっと残念。
ヨセミテ滝は2段になっているのですが、水量が少ないとアッパーヨセミテ滝は水が落ちていません。
前日は雨だったのでアッパーヨセミテ滝にも水があったのですけれどね。

     DSCN02600001.jpg

トンネルビューと呼ばれるところの眺め。↓遠く真ん中にハーフドームが見えています。

 DSCN02650002.jpg

U字型のこの景色は氷河が削って作ったのですね。
このトンネルビューは観光バスも必ず止まるところです。

前日の夕食に中華レストランでテイクアウトを待っている時、おじさまが主人に声をかけてきました。
その人に「ヨセミテに行くんだろ?僕はインスピレーションポイントからの眺めが一番好きなんだー。」と聞きました。

インスピレーションポイントはこのトンネルビューから山を登ったところにあります。
アンセル・アダムス(国立公園の写真で有名な写真家)がここから写真を撮ったところだそうです。

健脚な人なら1時間くらいなのでしょうか?
私の脚では登りは2時間くらいかかったと思います。(平らなところでも歩くのが遅いのです...)
疲れましたが、その疲れも忘れるくらいの景色が目の前に広がっていました。

 DSCN02690001.jpg

写真ではトンネルビューからの風景とそれほど違わないかも。
左の岩山(エル・キャピタン)とハーフドーム(真ん中)の高さで私たちの立っているところが先の写真を撮ったところより高いところにいることがわかるくらいですね。

偶然同じように歩いていたカップルと4人だけでとっても静か。
この景色を味わえて幸せ~。

この後グレーシャーポイントへ。こちらは車で行けます。ラクチン♪
ハーフドームが目の前です。

 DSCN02730002.jpg

ここからの眺めが一番「氷河が削ったんだなぁ」って実感できるところです。

以前に来たときは夕焼けに赤くなったハーフドームを見ました。
私はその夕焼けの景色がとっても気に入っていたので実は昨日ここに来たかったのです。
ここへの路は雪がある頃は通行止めです。
昨日、平地では雨だったのですがどうも高いところは雪だったらしくカーブの多いグレーシャーポイントへの路は通行止めになっていたのです。

そして、こちらはブライダルベールという滝です。

     DSCN02830001.jpg

風が強く当たるところなのでしょうか、本当にお嫁さんのベールが風にたなびくように、見るたびに形を変えるのです。

移動する日でしたので夕焼けは見ることはできませんでしたが、いい天気で岩に腰をおろして景色を眺め記憶に残してヨセミテを後にしました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する