FC2ブログ

英語多読  アレン・セイさんの絵本 まだあるよん♪

図書館さんはありがたいことにまだアレン・セイさんの絵本がありました。
アレン・セイさんのイラストでアイナ・フリードマンさんの文章です。

         

★How My Parents Learned to Eat / Ina Friedman

最初のページに女の子がお箸を持ってご飯を食べています。
テーブルの上にはかまぼこや玉子焼き、和食の朝食です。
最後のページで同じ女の子がナイフとフォークでステーキを食べています。
同じテーブルの上にケチャップやバターもそろっています。

このおはなしはその女の子のママとパパが出会った時のお話です。
今とは違って日本で洋食を食べることがまれだった頃、そして今のように外国の方が和食を知らなかった頃。
フォークやナイフは難しかったでしょね。お箸ってどんなに難しかったでしょう。


2冊目、この本の最初に日本の落語の『まくら』の説明がしてあります。
このお話しは落語の『まくら』なのだそうです。

         

★Under the Cherry Blossom Tree 

意地悪で強欲な地主さんがある村におりました。
桜の花の頃、村人がお花見で歌って騒いでいると、それをバカにしていた地主さんさくらんぼの種を飲み込んでしまいました!
次の朝、なんとしたことでしょう!地主さんの頭のてっぺんから芽が出てきました!
次の桜の頃にはどんどん育って、その周りで村人がお花見をはじめてしまいました。
怒った地主さん、なんと頭から桜の木をずぼっと抜いて投げてしまいました。
その頭のてっぺんにできたくぼみに梅雨時のために雨がたまってしまいました。
そして...

おもしろかった!落語を聴きたくなっちゃいますね。
ちいさい頃、母方のおばあちゃんがテレビで落語をよく見ていました。
いえ、目が悪かったので聞いていただけですね。
でも、一緒に並ん笑っていました。楽しかったなぁ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する