FC2ブログ

くずきりを作ってみました。

京都に行かれたことのある方は召し上がったことがあると思います。
「くずきり」は京都のおやつ。

私はところてんも大好きなのですが、くずきりも好きです!
ところてんは関西では黒蜜でいただくのですよ。
結婚したころ関東にちょっといました。その時、黒蜜のところてんが売っていなくて~(涙)
自分で黒砂糖を溶かして作ったりしていました。

その頃、葛餅と言うのを始めて食べたんですよ、私。
黒蜜ときな粉という組み合わせが「???」だったですねぇ~。
今では関西でも食べられますけれど、私が子供の頃は関西には葛餅なんてなかったと思います。
葛といえばくずきり!

乾いた状態で売っているお鍋に入れるくずきりとは違いますよ!

高校が京都だったので、お友達のお家に遊びに行った時におばあちゃまが作ってくれたのです、くずきり。
私は大阪育ちなのでくずきりはお店で食べる物だと思っていたのですが、おばあちゃまは「くずきりみたいなおやつはすぐできるよって~」と葛を溶いて作ってくれました。

思い出して作ってみました♪

    くずきり0001.jpg

友達のおばあちゃまが作っていたように、玉子焼き機を使いました。
葛を水で溶いて、玉子焼き機におたま一杯くらいを入れてお湯を沸かしたお鍋で玉子焼き機の底をあてます。
葛が乾いて白くなったらお鍋の中にドボンと入れる。すると葛が透明になります。
氷水に玉子焼き機ごとドボンと入れて透明になった葛をはがします。
これを細く切って黒蜜でいただきます♪

簡単です。
氷菓子のように冷たくなく、口当たりよくつるつるしていてさっぱりいただけます。
ところてんより弾力があって「ツルリン、もちもち」でおいしいです。

あんこを丸めてこの葛でクルンとかぶせれば葛饅頭のようになりますね。
あんこが好きな主人に今度は葛饅頭にしてみましょうか。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する