FC2ブログ

英語多読 Allen Sayさんの絵本

Allen Sayさんの絵本を日記に書くのは何度目かしら?
絵本というと子供向けと思われがちですがこの方の絵本は違っていました。

           

★Music for Alice

カリフォルニアで育ち子供の頃からダンスが好きだったアリス。
大学を卒業して幸せな結婚をしてシアトルで暮らしていたある日、日本が真珠湾を攻撃。
アメリカに住んでいた日本人たちの生活は一変してしまいます。
戦後も元の家も生活手段もなくしたアリスたちは土地を借り、荒地をたがやし、休む暇もなく働く。

戦中戦後の日系アメリカ人の苦労は並大抵ではなかったでしょう。
絵本の最後のページ“And dace I do-----all that I can”とダンスを踊るアリスが描かれています。
表紙のアリスさんの顔、いろんなものを乗り越えてきた顔ですね。

偶然ブログでお邪魔したMelmo_Chanさんが実在するアリスさんを御存知なんです。


           

★Emma’s Rug 

エマが生まれた時誰かからもらったラグ。両親ももう誰からもらったか覚えていない。
エマはそのラグを気に入って大切にしていました。
ラグをずっと眺めているエマをみてお父さんは「これはエマにはブランケットじゃないんだね。テレビなんだね。」といいます。
エマは絵を描き始めますが見たこともない物を描きはじめてお母さんも驚きます。
つぎつぎと賞を取るような絵を描くエマ。
でも、ある日お母さんが汚れていたラグをお洗濯してしまいます。泣き叫ぶエマ。
その日からエマは何も描かなくなってしまいます。

小さな頃、天井板の木目がいろんな物に見えたりしませんでしたか?
私にはそれを絵に描くことなんてできなかったけれど、子どもの心には大人になったらなくなってしまう別の世界があるのでしょうか。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する