FC2ブログ

英語多読 “The Message”

“Heartland”のシリーズを一冊読んでちょっと休憩していた“Animorphs”シリーズ、第4巻です。

             message.jpg

このシリーズ、主人公の子供達がひとりずつ語り手になっています。
語り手が表紙になっています。4巻はキャシー。
両親が獣医で、父は傷を負った動物達のシェルターをしていて、キャシーの家には動物達がたくさんいます。
母も動物園で獣医として働いているのです。

この設定はアニモーフスたちにとっても都合がいいのです。
アニモーフスたちが変身するためには動物に触ってDNAを取り込むこと(それはおかしいやろ!なんて考えない。笑)が必要なのです。

★The Message

ある夜キャシーは夢をみます。誰かが海の底から助けを求めている。
その同じ夢をトビアスも見ます。
そこへテレビで奇妙な物が浜にうち上げられたと報道され、アニモーフスたちはそれが宇宙人アンダライトの宇宙船の物だと確信します。
もちろん同時にイークたちもそのことに気づく。
イークたちより先に助けを求めているアンダライトを助けることができるか!


いかにもアメリカの少年少女向けTVドラマっぽく毎回事件が起きるわけです。
宇宙人が侵略してきているんですが、アニモーフスたちは普通に学校にも行っている。
宇宙人と戦っているにしてはのんびりしています。そこがまたなんだか面白くて好きです。

それぞれの子どもたちが性格づけしてあって、この巻の語り手キャシーは心優しく争いを好まず、決断を迫られるとちょっと引いてしまうおとなしい女の子。

主人公達の年齢は書いてあったかしら?13、4歳でしょうか。
イルカに変身しているときにサメに襲われているくじらを助けるのですが、その時に仲間が深傷を負ってしまいます。
笑える場面もあってもやっぱり死の恐怖がちらつくそんな場面もあります。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する