FC2ブログ

バレンタインの絵本

          Arthurs Great Big Valentine.jpgA Village Full of Valentines.jpg

 昨日はバレンタインだったので読んだ絵本を少し。

 ★Arthur’s Great Big Valentine

 アーサーはやんちゃな男の子、やさしい妹バイオレットがいます。
 バレンタインのカードを友達にいっぱい作る妹。
 アーサーは親友ノーマンとけんかをしてしまって、
 「僕には親友はいないから誰にもバレンタインを送らないよ」とすねているアーサー。
 楽しいバレンタインを送れるのでしょうか。

 ★A Village Full of Valentines

 ある動物達の村のそれぞれのバレンタイン。
 大切な友達に送りたくて、完璧なハートを一生懸命作るブタ君。
 いままでバレンタインに何ももらったことがないと言う気難し屋のカメさん。
 村のバレンタインパーティーにみんなが集まります。
 ほのぼのするバレンタインです。


 日本ではチョコレートを女性から男性に送って愛を告白する日になっちゃってますが
 本当はそうじゃないですよね。
 小さい男の子からママにバレンタインを送るお話も絵本には多くて、こころがあたたまります。 
 あったかい、あまーいホットチョコレートを飲みながら読みたくなります。


 “Arthur’s Great Big Valentine ”はAn I Can Read Bookと言うHarper Trophyから出ている英語ネイティブの子ども向けの本です。
 子ども達が徐々に自分で本を読んでいくためにレベルをつけてあります。
 “Arthur’s Great Big Valentine ”はレベル2です。
 Grades1-3の子供向けだそうです。PreSchoolの子ども用のMy First I Can Read Booksからあります。
 その中には日本でも小学校の国語の教科書にも載っている『がまくんとかえるくん』などの賞をとった本もあります。

Frog and Toad Are Friends.jpgFrog and Toad Together.jpg
 ネイティブの子供向けの本を読んでいると「こんな単語学校で習ってないなぁ」って単語が出てきます。
 

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する