FC2ブログ

和裁のお稽古がはじまりました。

半年後とに新規募集をする文化教室の和裁がはじまりました。
初めての袷をお稽古しています。

身長があるほうなので反物の長さが足りないこともしばしばです。
なので、襟のところで工夫をすることになりました。

  和裁 0001.jpg

掛け襟の両側に本襟の分を縫い付けます。
掛け襟で二重になっているところが一重になってしまうので、布を裏から当てます。

前回のウールのアンサンブルもこれに似たふうなやり方だったのです。
前回は掛け襟があるようにつまんで縫って、裏に布をあてました。

実は今年の夏に自習用に縫った浴衣も布が足りなかったのでこんな風にしました。
先生にちゃんと教えていただくと、自分で勝手にやった物はずいぶん雑だったです。
丁寧にしなくちゃね。せっかく手縫いにするんだもん。

旅行前に買って読んでいなかった『七緒』をゆっくり読もう。
楽しみだなぁ。着物の季節ですね。

        


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する