FC2ブログ

「永遠の途中」を読んだんだけれど...

「肩ごしの恋人」で直木賞を取った唯川 恵さんの本。
上の本はドラマになってるのかな?(ドラマ見ないのでわからないです。)

「肩ごしの恋人」を友達が読んでいて、図書館に行ってみたら同じ人の本があったので借りてきました。

   永遠の途中.jpg永遠の途中

でも、なんだか苦手だったわ、この本...。

結婚を機に仕事をやめて家庭に入った薫。
結婚をしないで仕事をバリバリやっている乃梨子。
同期入社の二人の27歳から60歳をそれぞれの立場で書いています。

自分が選ばなかった方の人生を羨んだり、ちょっとねたましく思ったり。
それぞれが、それぞれの立場でそんな気持ちを抱いているのです。

人を羨む気持ちがまったくないとは言わないけれど、ことあるごとにこんな風に考えたりしないなぁ、私。
私はどちらの立場とも違うから感情移入できないのか、一人っ子で育ったのであまり人と比べたり比べられたりしてこなかったからか?
はたまた、年齢のせいか。

我家には子どもが居ません。時々言われるのです「いいわねぇ」って。
でも、いつも思うのです。「産むことは必ずしも選べないけれど産まないことは誰でも選べたんだよ」って。
自分で産むことを選んだんじゃない。子どもだってかわいいじゃない。
子どもの方は親を選んで生まれてきたわけじゃないのに、こどもに失礼だよ。

自分が選んだことの責任ってあると思う。
うじうじ「あっちを選んでいたら」っていつまでも思ってるなんてきらい。
この人の小説って他のもこんな感じなのかな?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する