FC2ブログ

オスカー・ワイルド原作の絵本

Selfish Giant.jpg

★Selfish Giant

オスカー・ワイルド原作の童話『The Selfish Giant』(邦題『わがままな巨人』)の絵本です。
文章も短くretellされています。絵もやさしくてお話とともに心にしみます。

巨人の庭で遊んでいた子ども達は、帰って来た巨人に追い出されてしまいます。
自分ひとりで美しい庭を楽しんでいた巨人でしたが、
子ども達の笑い声が消えてしまった庭は雪が降り春の来ない冬の庭になってしまいました。
何年もたち、どこからか入り込んだ子ども達の声で巨人は目を覚まします。
子ども達の遊んでいる木々は春のようになり、小鳥が舞い降ります。
巨人に気づいて逃げ出す子ども達、そこに一人残る男の子に巨人は気づきます。
男の子に出会って巨人は心を入れ替えて庭を子ども達に開け放すのですが
不思議なことにあの男の子のことは誰も知らないのです。


心の平安は一人だけではなかなか得られない物。
巨人は庭を子ども達に分け与えたけれど、巨人こそが大きな物を得たのですね。
ワイルドが原作だと知らずに読み始めました。
The Picture of Dorian GrayやIdeal hasbandを読み直そうかしら。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する