FC2ブログ

英語多読  『ブレーメンの音楽隊』

こどものころから好きだった『ブレーメンの音楽隊』の絵本です。グリム童話ですね。
幼稚園の時に怖い顔した髭の園長先生が動物の鳴き声を真似て熱演。
それまで怖かった園長先生が別人に見えたんです。
お腹を抱えて大笑い。先生もこのお話も好きになりました。

でも、細かいところを覚えていたわけではなくて、ロバと犬と猫とニワトリがいっせいに鳴いて脅かす場面だけを覚えていました。

昨日、図書館で借りてきた絵本です。

   bremen town musicians.jpgPitschi.jpg

挿絵は 『こねこのぴっち』のフィッシャーさんです。
わんちゃんの絵に見覚えがありました。

★The Bremen Town Musicians / Jacob and Wilhelm Grimm Illustrated by Hans Fischer

年をとって働けなくなってしまったロバはもういらないと飼い主が殺してしまおうとするので、ロバはブレーメンで音楽隊を組もうと逃げ出します。
そこで、犬に出会います。年をとって猟の役にたたなくなったので飼い主が殺してしまおうとするので、ロバと一緒にブレーメンに行くことにします。
次にであった猫も年をとってねずみを取れなくなったので、飼い主が殺してしまおうとするので、ロバと犬と一緒にブレーメンへ行くことにします。
そこでニワトリにであいます。明日は日曜でお客が来るので飼い主は鶏のスープを作ることにするというので、皆と一緒にブレーメンに行くことにします。
森を出たところの家に明かりを見つけて行ってみると、泥棒たちがいました。
そして、3匹と1羽は力を合わせて(声を合わせて?)泥棒たちを脅かして追っ払います。


子どもの時は何気なく読んでいたのかしら?
飼い主に殺されそうになる動物たちはみんな涙を流しています。
なんだか、悲しくなってきます。

フィッシャーさんは舞台のデザインもしていたそうで、この絵本もお芝居のよう。
右のページに次々に出会う動物を描き、左のページにそれまでにあつまった動物たちが描かれています。

グリム童話なのでもちろんいろんな本が出ています。
フィッシャーさんの挿絵すてきです。


今日は元町に買い物に行ってきました。
せっかくだから先日裄を直したしじらに紗の半巾帯をして行きました。

   しじらに絽の半巾0001.jpg

あら~また写真が暗いです。
この帯、ポリなんです。ちょっと硬いのでまだ慣れません。
慣れたら上手につかえるかしら?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する