FC2ブログ

ニュージーランド旅行 (その6)

私たちの旅も1週間が過ぎました。
この日までの道筋は↓こんなふう。黒い線で書いてみました。

 ニュージーランドの地図0001.jpg

インバーカーゴ(この地図の一番下のほうにあります。)を出て、ひたすら車でタスマン海側、ニュージーランドの西側に車を進めました。

Fox Glacierに宿泊することにしました。
小さなヴィレッジですが、氷河が目の前なのでここから氷河の上を歩くツアーなどが出ているためモテルも何軒もあります。
Franz Josef Glacierがもう少し北にあり、そちらのヴィレッジのほうが大きいようです。

その夜は大雨。モテルの屋根を叩く雨音がすごく、なかなか寝付けないほど。雷もなりだしました。
「明日は観光は無理だねー。」と早く出て次の町に行くつもりでいました。

一夜明けると、青空が出ています。
青空が出たり、小雨が降ったりのややこしい天気。
氷河のツアーは以前にも参加したことがあったので、今回は眺めるだけにしておこうと決めました。

この近くにはレイク マセソンがあるのです。
湖を一回りするトラックもあるので、ここを発つ前にお散歩を楽しみました。

 west coast 1

こんなつり橋を渡ったりして歩いて行くと湖が見えてきます。

 west coast 2

本当なら、マウントクックが見えているんですけれど、私たちの頭の上は青空でも山には雲がかかっています。
静かで、とても気持ちのいいところ。

以前来た時は車を止めておく所があっただけだったのに、駐車スペースの横にはおしゃれなカフェができていました。
そこでカプチーノをいただいて、前回通り過ぎて見ていなかったフランツ・ジョセフの氷河を見に行くことに。

駐車スペースから歩いて行くとこんな↓景色が見られます。

 氷河 2

氷河って毎年後退してゆくものだと思っていましたが、ここにある説明によると

 west coast 3

赤い線が1965年。黒い線が1970年。今より氷河が小さかった。(小さいって変な言い方ですね、なんて言えばいいかしら?)
赤い線の一回り外の白い線が1950年なので、どんどん後退していることは確かなのですが。

氷河の上を歩くのはガイディングツアーだけ、個人で行くことはできません。
本当はもっと近くで見たかったのですが、危険と書いてロープが張ってあります。

 氷河3

でもね、このロープを越えて行く人がたくさんいるのです。まぁ、自己責任ですけれど。
私は、怖がりなので行きたそうにしている主人を引き止めて行かせませんでした。
この写真ではよく見えませんが、氷河との間に河があるんです。
雨の少ない頃だときっとちょろちょろとしか流れていないのだろうと思いますが...
その水は氷河からも流れてきているのです。氷のように冷たいはず。
主人は残念そうでしたが、また来ましょうね!(いつ???)

氷河を後に私たちはもっと北、Westportに向かいます。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する