FC2ブログ

英語多読 Littlesシリーズ

子供の頃好きだった本にメアリー・ノートンの『床下の小人たち』という本があります。
  
   

うまれかわったと書いてあるので、わたしが読んだ頃と邦訳が変わっているのかしら?
ミニチュアハウスの中を覗くようで、小人たちが人間から拝借したあれやこれやが楽しかった。

今日読んだのはLittlesシリーズです。
メアリー・ノートンの小人たちのように小さいのですが、この人たちにはシッポがあるんです。

  littles take a trip.jpg

"The Littles Take a Trip" by John Peterson

小さなひとたちリトルズ一家は大きな人たちビッグズさんの家に暮らしています。見つからないようにひっそりと。
でも、子ども達は同じ年頃の子どもと遊びたいと思い始めました。
遠く離れたところに住む(彼らにとっては遠いところ)小さい人たちが一所に集まってパーティーをすることになりました。
野球をするやんちゃ坊主たちに見つかりそうになったり、鳥に襲われたり、いたちに狙われたり、危ない思いをしながら旅をするリトルズ一家。


SSSの書評ではYL2.5くらいになっていました。
私はMagic TreehouseくらいのYLに思うのだけれど。YL3.5くらい。
YL2.5...そんなにやさしいかなぁ?

YL0.6くらいの簡略版も出ています。

  Littles Go on a Hike.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する