FC2ブログ

和裁教室の宿題

和裁教室の宿題をせっせと縫っています。
2時間の教室なのでちゃんと宿題をしていくのと、いかないのとでは進み方がずいぶん違ってくるんです。
といっても、分からないところは縫えるはずもないのですが。

12月から縫い始めたウールのアンサンブルを縫っているのです。
単なので着物のほうは柄の合わせ方などを先生に見ていただいたらなんとかなりそうなので、羽織を先に教えていただいています。

アンサンブル用の反物ですが、私は着物を着るには背が高いようです。
今、背の高い人が多いですからそんなに大きい方じゃないと洋服を着ていると思うのですけれどね。

羽織をちょっと長いものにしようとしたら、ほんとーにぎりぎりです。
羽織の長さというのも先生に「長さはどうするの?」と聞かれてもあまり具体的思い浮かばなかったので、とりあえず今着ているシルクウールより長めにしようとおもいました。

あまりぎりぎりの長さだというので「それでは短くします」と言うと。
工夫をしてその長さに仕上げられるように教えてくださっています。

反物の長さにあわせて着物を作るのではなくて、制限がある中でも工夫をして「着たい」長さに仕上げるわけですね。
マチの内側になるところに生地を継いで希望の長さにしました。

↓こんな感じ
 ウールの羽織0001.jpg

つぎはぎですが、内側なので人には分かりません。
こんなふうに工夫をして作るのですね。

だんだん形になってきました。楽しみです♪

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する