FC2ブログ

英語多読  ORT Owls Stage6-7

先日の800万語通過の本もORTだったのです。
Stageが上がってくると語数も増えて、お話もちょっと複雑になってきます。
シリーズの名前にOwlsがついています。
TrunkのシリーズMore Storiesのシリーズ。木の幹から派生したお話になって、次は木の幹に住んでいるふくろう。
ふくろうは何処にだって飛びたてますもんね。もっとお話が広がって行くのでしょうね。

 ort owl stage6 0010001.jpg

Stage6になって語数もずいぶん増えて、1ページに3~4行くらいの文章が書かれています。
マジックキーが光だしたら子どもたちの冒険のはじまりです。

子どもたちが小さくなったり、大きくなったり。
The Outingで子供たちが遠足に行った恐竜の博物館。次のLand of the Dinosaursに繋がっています。
Kipper and the Giantではキッパーがひとりでマジックキーの冒険に行きます。

Stage4から登場するNadimやAnneenaもチップやビフの友達として登場するお話が増えてきました。

 ort stage owl stage70001.jpg

宇宙に行って宇宙人にあったり。
ジャングルの中を遺跡を探すのをてつだったり。

マジックキーをキッパーがなくして、見つけたときにはもう光らなくなっていて...

こんな風にお話が少しずつ複雑になっていって、それに連れて少しずつ文章も難しくなっていっています。
SSSの書評をみると日本の中2くらいまでに習う英文法のようです。

 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する