FC2ブログ

英語多読 “The Hobbit” をぼちぼち読む

再読です。

映画にもなりましたしご存じのかたも多いトールキンの「ホビット」。
「指輪物語」の前のお話しになるのです。

ずいぶん前に読んだのですが、その時は先が知りたくてどんどん読んでいった。
飛ばし読みで、ずいぶんすっ飛ばしても先が知りたかったのですよね。
今回はゆっくりじっくり楽しみたいと思って読み始めました。
細かいところも読みたいと思って、数ページ戻って読んだり、
そもそも、気が散らない落ち着いて本を読める時間だけ読むようにしているので
今回はさっぱり読み進んでいませんが楽しんでいます。

トールキンは「指輪物語」を書く前に「ホビット」を書いたわけですが、何度か手を入れているそうで
今私が読んでいるのは、その改訂版ということですね。
最初は「指輪物語」につながる物語として書かれていなかった「ホビット」が
「指輪物語」の考案中に「ホビット」を書き直したということらしい。

    

★The Hobbit / J.R.R. Tolkien

まだ三分の一くらい読み進んだところです。
「指輪物語」と違って子供向きに書かれているので、面白おかしく物語は始まります。

ビルボ・バギンズは自分の居心地のいい家(地中に掘った穴の中に素敵な部屋があるのです。)でいつものように平和な生活を楽しんでいました。
ところがある日、ドワーフたちがやってきます。それも次から次へとやってくるのです。13人も!
そこへ魔法使いのガンドルフがやってきます。ドワーフたちはガンドルフにビルボのことを聞いてやってきたのでした。

行儀の悪いドワーフ達。きれいに整っていたビルボの家は無茶苦茶です。
ところが、このドワーフ達とともにビルボは冒険の旅に出ることになるのです。
とんでもないと思っていたビルボにも「冒険」に心惹かれるトゥック家(母方)の血が流れていたのでしょう。

ちゃんとした食事も取れない、ベッドで眠ることすらできない冒険の旅にビルボは旅が始まったばかりだというのにすでに後悔し始めます。
まだお話しの三分の一ですが、ビルボの後悔して自分の家を思い浮かべるところが何度出てきたことか。(笑)

それもそのはず、ビルボは恐ろしい思いをすることになるのです。
3人のトロルの様子を見に行ったビルボはドワーフともども食べられそうになるし。
ゴブリンにつかまって食べられるか死ぬまで奴隷にされるかという思いをする。
ドワーフ達とはぐれたビルボは、得体のしれない奴ゴラムなんかに会ってしまう。

少し癒される出会いはエルフに会ったことでしょう。
ビルボはこどものころからお話しでエルフのことを聞いていたのです。
恐れながらも、どこかワクワクしている様子です。

このエルフ、不思議な存在ですね。
子供向けのお話しに出てくる、はかなげでか弱そうな妖精ではなさそうです。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する