FC2ブログ

英語多読 “Kidnapped at the Capital”

Ron RoyさんのCapital Mysteriesシリーズ。
再読だと気が付いたけど、ついでだから2巻も読みました。
だってほとんど内容を覚えていないし、たのしいです。(覚えてないって大丈夫か私 汗)
読んだのは8年前でした~

   

★Kidnapped at the Capital(Capital Mysteries #2) / Ron Roy

あらすじは以前に書いたものリンクします。

ずいぶん前にワシントンDCに行ったことがあります。
この本の舞台の航空宇宙博物館にももちろん行ってきました。
なんだか懐かしいわぁ。

お話しの中で誘拐されるのは子供たちではなくて大統領なんです。
Kidnapって単語は子供をさらわれるイメージをもってしまいます。


再読ですが、けっこうたのしめます。
読みやすさレベルがYL2~3くらいが読めるようになってくると
読める本が一気に増えて、この辺のレベルから動けなくなっていたと当時を思い出します。

もう少しレベルの高い物に手を出し始めたときに一休みするにも、
YL3の本に面白いものがたくさんあるので助かります。
語数が7000語ほどなので時間もかからないし、隙間時間しかない時にいいな。

スポンサーサイト



テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する