FC2ブログ

モネの庭

高知にモネの庭がある。
知ってはいたけれど、ちょっと不便なところにある。
私は興味があったけれど、主人は花などに興味がない。
「きれいだね」と思いはするようですが、わざわざ見に行こうとは思わないらしい。

「モネの庭の睡蓮が見たい」
「室戸のほうには美味しい金目が食べられるらしい。ランチだと気楽に食べられそうよ。」

「金目」が効いた!
私たちは前日、馬路村に向かっているときに立ち寄った道の駅」ならぬ「海の駅」で美味しそうな金目を見ていたのです。
でも、生のお魚を買ってもまだ旅は続く。なので買うのはあきらめた。
でも、その美味しそうな金目の印象は強かった。

「睡蓮は午前中に咲く花だから、それを見てからお昼に金目を食べよう!」と話しは決まった。

お目当ての青い睡蓮は季節が違って8月ごろらしい。
でも、赤い睡蓮が咲き始めたらしい。

    IMG_2902_convert_20170508091517.jpg

モネの連作「睡蓮」を思わせるお庭。
モネたち印象派の画家たちが浮世絵に興味を持ち、影響も受けた。
そして、日本の太鼓橋や藤棚にも興味をもち自分の庭に再現しようとした。

その「モネの庭」を名乗ることを許された庭なのです。

    IMG_2894_convert_20170508091917.jpg

モネが咲かせたかった青い睡蓮は、この温かい高知でさえ8月に咲く。
なので、モネは青い睡蓮を温室で育てたそうです。
でも、フランスの気候では咲かすことが難しく、亡くなるまでに青い睡蓮を見ることはできなかったそうです。

またもう一度モネが見たかった青い睡蓮を見に来ようと思います。
スポンサーサイト



テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する