FC2ブログ

馬路村をご存じ?

いつ頃からだったかな?17、8年前くらい?
馬路村のポン酢しょうゆを時々使っていました。
その後、ゆず味大好きな私は「ごっくん馬路村」が好きになりました。

馬路村ってどこ?高知県です。
旅行で高知に行ってわざわざ行くか?
初めて高知に来たならどうかな~って思うくらいちょっと不便なところです。

今回も私たちはな~んにも決めずに高知へ向かいました。(宿だけは取りましたよ!)
高知へ向かう車の中で「馬路村って行ってみる?」って思いつき、初めて馬路村に行ってきました。

馬路村は林業がさかんな村でした。
若い方はご存じないかな、日本ってそういう国だったのですよ~
1970年の万博のころ、林業の盛んな国として紹介されていました。

その後、林業は下火になり林業ではやっていけなくなった
そんな村が日本にはたくさんありました。馬路村もその一つ。

柚子で有名になった馬路村ですが
「桃栗三年柿八年」その続きに「柚子の大馬鹿18年」と続くそうで
柚子の栽培がお商売になるには年月がかかったはずです。

柚子の収穫時期にはこどもからお年寄りまで村人総動員で収穫するそうです。
柚子商品が人気商品となるまでにはとっても苦労もあったことでしょう。
全国的に売り出すのはとっても大変ですからねぇ。
林業やってた人が営業廻りですから、大変だっただろうとおもいますねぇ。
ヒット商品が出て本当によかった~

    IMG_2879_convert_20170504140611.jpg

馬路村駅です。馬路村にはこんなかわいい汽車ポッポで行きます。ってうそですよ。
馬路村に何があるかも調べないで来てしまった私たち。
遊園地の子供用の汽車ポッポみたいなのがあるのを見て乗ってみることに。(笑)
小さな子が並んでいたりしたら乗らなかっただろうけれど、誰もいなかったし、ふたりで乗ってみた!
そこいらをちょっと回るだけなので、なんとも子供用なんですが、懐かしい気分にさせてくれますね。

いやいや、汽車ポッポに乗りに来たわけではありません。
馬路温泉というのがあるというので温泉につかろうと、そして食事もしなくちゃね♪

馬路温泉はお宿にもなっていて泊まれるようです。
フロントで温泉を申し込もうとすると「定食が食べられる時間がもうすぐ終わるけれど、お食事はすみましたか?」と。
あらっ、じゃ食事を先にいたしましょう~

   IMG_2887_convert_20170504140700.jpg

主人が食べたのは「ゆず酢鳥定食」私のは「アメゴのすり身定食」。
アメゴのすり身はフライと天ぷらの二種類になっていて
骨までからっと揚げて頭からしっぽまで食べられるんです。
主人の酢鳥も食べてみましたら、おいしいの~
小さなおかずも「タケノコの煮物」「ゼンマイの煮物」「イタドリ」なども素朴ながら美味しいのです。
こころからほっこり~

いえいえ、つい後回しになっている温泉!!!
この温泉が気持ちいい。
お肌つるつる~
この温泉、泊まりで来るのもいいな~

この後、先ほど乗った汽車ポッポの「リョウマパスポート」特典でコーヒーがもらえるというので
村の案内所「まかいちょって家」ってところへ行きました。
コーヒーをいただき、ゆず大好きな私はお土産を物色~
ふと見ると手作り籠バッグがありました。お安いしかわいいし使いやすそう~購入!
会計をするときに「実はそれ私が作ったんです~」って先ほどコーヒーを出してくださった方が!
ここで作ってここで売る。なんて無駄がないんでしょ~(笑)
私は今年の夏はこの籠バッグを作った人の顔を思い浮かべながら使うことでしょう。

馬路村の柚子製品、木製品などいろいろ置いてあるんです。
なんだか馬路村ファンになっちゃいましたわ~
馬路村の柚子商品を使う時にきっとこの清流と村の人たちを思い出すと思います。
スポンサーサイト



テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する