FC2ブログ

英語多読 “Exposed”

アガサ・クリスティーの本を読んだ後、あまりの世界観の違いでなかなかアニモフスのシリーズに戻れませんでした。
アガサ・クリスティーの本は作り事でも私たちの現実世界。
アニモフスのほうが英語は易しいはずなのに、SFの世界なんだか理解度が低くて~

    

★Exposed (Animorphs #27) / K.A.Applegate

レイチェルがキャシーとショッピングモールを歩いている時にエレック(アンドロイド)と会います。
アンドロイドのエレックはホログラムを使って人間の少年に見えているのですが、そのホログラムに異常が起こっていることに気が付いたふたり。
ホログラムの異常どころか、動くこともできなくなっている!
アンドロイドの姿で人間の前に現れたら...いや、イークに知られたらアニモフスたちがただの人間の少年たちだとわかってしまう。
それどころか彼らの家族にも危険が及ぶのです。
ホログラムの異常を戻すためには海底深くに沈めてある宇宙船まで行かなくてはなりません。
それもイークよりも先に。
深海に潜っていくことができる生き物に変身しなければ行くことができない。
キャシーがその生き物を思いつきます。
でも、なんだかおかしい。都合よくクジラが海に打ち上げられて...何かがアニモフスたちを導いている...


最初にこのシリーズにエレックが出てきた時はこんなにお話しに絡んでくるとは思っていませんでした。
今後もかかわってきそうです。
そして、宇宙人もいろいろ出てきて、そして複雑です。
平和を好む宇宙人かと思っていたらそうでもなさそうだったり、
目前の敵イークが最悪の敵とも言えないかもしれない。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する