FC2ブログ

英語多読 ‟The Attack”

久しぶりのアニモフスシリーズです。
ちょっと気持ちがアニモフスシリーズからそれていまして、久しぶりなんです。
今後もちょっと間があいてしまいそ~
まぁ、先が長いのでぼちぼち...

SFっぽい話になると理解力が落ちる私。
これもそうなんです。
いや、このシリーズってSFなんでしょうから苦手って言ってもいられないんですが。

  

★The Attack / (Animorphs #26) / K.A.Applegate

アニモフスたちに深くかかわっているエリミスト。
この神なのか?悪魔なのか?味方なのか?敵なのか?そのような存在のエリミスト。
時間や空間、いやなんでもできてしまいそうなエリミスト。
でもその存在や力が大きすぎるのです。
エリミストと敵対している存在、クレイアック。
お互いの力が強すぎ、直接の対決は避けているという。
そのエリミストとクレイアックの代理戦争にアニモフスたちが連れてこられた。
もちろん地球ではない星。
そこでホウラーたちと戦くことになる。
生き残れるのか、生き残らなければ地球はイークに支配されるだろう...


地球から遠く離れたどこかの星のその構造や、敵の形など想像するのが難しーい。
苦手でした~

実はこのシリーズ25巻以降は数人のゴーストライターによって多くの巻を書かれているのです。
でも、この巻はアップルゲートさんが書いているのです。
だから、きっとこの話の中にはこのシリーズのいろんな秘密(ヒント?)が書かれているに違いないのです。

この巻は先の巻を読み進めながら読み返すかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する