FC2ブログ

ドイツ語多読 ‟Archibald und sein Kleines Rot”


こちらも、図書館に寄贈されていた絵本です。

     DSCN6183_convert_20161117094126.jpg

★Archibaqld und sein kleines Rot / Binette Schroeder

アーチバルトは犬と二人っきりで小さな家で暮らしていました。
寝て食べて、また食べて寝ての繰り返し。
広い世界も見たこともありませんでした。
アーチバルトの右側の赤いほっぺは思いました。
「世界はアーチバルトの家よりずーっと大きいに違いない。」
そしてある日、アーチボルトの右のほっぺは真っ赤なボールになって家を飛び出しました。
アーチバルトはほっぺを追って、丘を越え、空を飛び、海を渡り...

1975年に出版された絵本のようです。
白黒の絵とカラーの絵が交互に出てきます。
物語は白黒の絵に書かれ、カラーの絵は絵だけですね。
ドイツらしいメルヘン。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する