FC2ブログ

2015年 アドベントカレンダー 21日

21日のアドベントカレンダーの絵本はグリム童話「星の銀貨」。
このお話しは2012年のアドベントカレンダーにも入っていました。
イラストが違います。
文章は...同じかしら?なんか違う感じがする。

    DSCN5888_convert_20151224222003.jpg

★Sterntaler

昔々貧しい女の子がおりました。お父さんもお母さんも死んでしまって
住むところもありません。
持っているのは、洋服とパンだけでした。
雪の中を歩いていると食べるものもないおじいさんにであいました。
そのおじいさんは「食べ物をください」というので、たった一つのパンをあげてしまいました。

と、いろんな人に乞われて、わずかに持っていたものをあげてしまった女の子。
最後に奇跡がおこります。


2012年のものと比べてみると、もちろんお話しの筋は同じ。
でも少し書き方がちがっていて、グリムのお話しの再話でしょうか?
それとも、グリムも何度か書き直しているお話しもあるようなので、そのためなのか?

グリム研究者でない私にはわかりかねますが
あ~、こういう言い方とあぁいう言い方があるんだね~って興味深いです。
文法がよくわかっていない私ですが、それなりに学べる気がします。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する