FC2ブログ

英語多読 “The Reaction”

アニモフス再読中~12巻まできました。
12巻はレイチェルが語り手。

レイチェルはゼナ・ウォリアープリンセスなんてアニモフスの仲間にあだ名をつけられちゃう。
戦う女(笑)です!
ゼナ・ウォリアープリンセスっていうドラマがアメリカの人気ドラマだそうですよ。

恐れを知らぬ戦う女?
でも、レイチェルは恐れることを知らないなんておかしいと思っています。
勇気とは恐れを知らぬことではないと。

     

★The Reaction (Animorphs #12)

学校の遠足でキャシーのママが働いている動物園に行くことに。
ワニをみていると、小さな男の子がワニの柵の中に落ちてしまいます。
それを助けようとレイチェルはワニの柵の中へ。
ワニに触れてDNAを取り込む(そうすることでアニモフスたちは動物に変身しることができるのです。)
他の人に知られずに男の子を助けたレイチェルですが、「ワニの柵に落ちた少女」として知られてしまいます。

そのあとからレイチェルにおかしなことが起き始めます。
変身がコントロールできない!自分の部屋の中でアフリカゾウに変身!!!
家がつぶれてしまいます!そんなところに妹たちがいたら...

アックスによると、レイチェルの異常は人間でいう花粉症でくしゃみをしているようなものだと。
怒ったり、興奮したり、緊張したりするとアレルギー反応が起き始めるレイチェル。

このアレルギーを持ったまま、テレビスターの美少年がイークのコントローラーにされそうなのを助けようとテレビ局に「二回も落ちて助かった少女」として出演。


テレビスターのジェレミーは世界一キュートなんだそうです。(笑)
そんな人気者がコントローラーになってしまったら世界中の少女がイークに取り込まれてしまいます。
男の子たちジェイクやマルコは「そんな影響力あるかな?」って思っていますが
レイチェルやキャシーまで「だって、あのえくぼ、あの瞳、あの唇...」と。(笑)
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する