FC2ブログ

英語多読 The Man Who Walked Between the Towers

以前、大阪で「絵本の会」をしていた時に多読のお仲間に紹介してもらった絵本です。
なので、再読です。なつかし~。

フィリップ・プティという綱渡り師と、September 11でなくなってしまったワールドトレードセンターのお話。
「ザ ウォーク」という映画がもうすぐ公開されますね~
実話です。

もちろん、ワールドトレードセンターにワイヤーを張って綱渡りなど許可が下りるわけがないので無許可。
本当の映像は残っていないようです。
今だから作れちゃう映像ですね。

     

★The Man Who Walked Between the Towers / Mardicai Gerstein

綱渡り師のフィリップはワールドトレードセンターを見上げて思います。
あのふたつのビルにワイヤーを渡すところを。
まだ出来上がっていなかったワールドトレードセンターに作業員に扮して入り
ワイヤーを張ることに成功!
命綱なしの綱渡りが始まる。


絵本はSeptember 11の後、2003年に出版。
2004年のコルデコット賞を受賞しています。

September 11にテロがあった2001年、私はボストンに旅行に行く予定でした。
思っていたチケットが取れなくて、お値段の高いものしかなくてあきらめました。
ボストンに行く予定と親戚に話していたので、両親のところに私が行っているかと確認の電話があったらしい。
チケットが予定通りとれていたら、いたはずの場所です。

行った先は全く違う方向、ニュージーランド。
ニュージーランドのホテルでニュースを見たのは翌日の朝。
観光など忘れてテレビのニュースに見入っていました。目を疑う光景。本当とはにわかに信じられない。
事情が知りたくて、あんなに一生懸命電子辞書をたたいたのはあの時だけだと思います。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する