FC2ブログ

英語多読 The Day the Crayons quit

この絵本、アメリカに行ったときに本屋さんで平積みになっていた絵本。
気になっていたのですが、図書館に置いてありました~♪

             

★The Day the Crayons quit / Drew Daywalt、Pictures by Oliver Jeffers

ある日、ダンカンがクレヨンを持っていこうとすると束になった手紙をみつけます。
それはクレヨンたちからの抗議文だったのです!
赤いクレヨンはいいます。「消防車やイチゴやリンゴ。特にクリスマスには大忙しさ。休みが欲しいんだよ!」
ベージュのクレヨンは肩を落としています。「薄茶色なんて呼ばれるのはもうたくさんなんだ。なんで二番手なんですか?」
白のクレヨンは「君は白い紙を使うだろ?だから僕のことが見えていないんだ!ここにいるんだよ!」
さあ大変、ダンカンはどうするのでしょう~

クレヨンの抗議がおもしろ~い
あ~その言い分わかるよ~って思ったりしてね。

子どもの頃、クレヨンやクレパス、絵の具や色鉛筆にどうしても早くなくなってしまう色があって
私はとっても気になっていました。
わざとあまり使わない色を取り出してみたり...
なんだか子供の頃を思い出させてくれました。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する