FC2ブログ

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ

カタカナです。ビートルズの歌ではありません。
「東京バンドワゴン」の9作目です。

あいかわらずの、ほっこりさせてくれる堀田家のお話。

       


★オール・ユー・ニード・イズ・ラブ / 小路幸也

堀田家の古本屋「東京バンドワゴン」に知り合いの女性客が、
そして少女が絵本を売りにやって来るところからお話が始まります。
ひとりで絵本を売りに来る少女もいわくありげ、それを見て涙を見せる女性客も何かありそうです。
女性客はどうも堀田家に興味があるのです。
堀田家の幽霊おばあちゃん、サチさんはあるお家柄のお嬢様だったのです。
そのため外に出てはならぬ文書が堀田家の蔵にあることを嗅ぎ付けたのか?


などなど、毎回いろんなことが起こり、解決されていく堀田家。
家族関係が複雑なので、本の最初に人間関係の図がありますが、
これは最初の1作から読んでいないとわかりにくいかな?

今回あんまりドキドキが少なく感じてしまったのは、私の心が落ち着いていなかったせいでしょうねぇ。
スポンサーサイト



テーマ: 図書館で借りた本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する