FC2ブログ

母元気。よかった、よかった~

母に長めのショートステイに行ってもらっていました。

今までもケアマネさんから「そろそろショートを試されますか?」と言われていました。
嫌がるかな?と思って、以前は1泊を2回試しました。

最初のところはデイサービスに行っている同じところ。
顔見知りもいるだろうし、と思っていました。

ところがそこが満床になってショートが受け入れられなくなったという。
なので別のところへ。
ようするに、以前の2回のショートはお試しで、本番は今回が初めて。

実は、ブログなどで「ショートから帰ったらちょっと痴呆が進んだ」などと読んだことがあって
痴呆が進むのは嫌だなぁと二の足を踏んでいたのです。

友達にメールで「どうかな?痴呆が進むかな?」と相談しました。
友達は「社交的な春子のお母さんなら大丈夫よ。」と言ってメールをくれました。

お試しの1泊の時に「もう3日もここにいる」と言って電話してきたので、ちょっと心配していました。
いつものデイサービスの人たちと対応が違うので、私とショートの職員さんとで行き違いがあってそっちでイライラ。
イライラしているのは私。母じゃない。

予定をいれていたけれど、やめようかな~と思ったりしてケアマネさんにメールしたり。
うまくいかないいろいろな事でぐったり。

ぐったりは私、母じゃない。イライラも母じゃない、私。
一週間ほどのショートステイの結果は、いつもと変わらない母でした。
認知が悪くなるということもなく、アセモが悪くなったらどうしようという私の心配をよそにほとんど回復♪

最初1泊目に電話をしてきてまた「もう3,4日ここにいる。」と。
ちょっと心配したけれど、不慣れなところで手元にいつもある新聞もなくて日にちがわからなかったりしたからかも。
それより、いつもは使っていない携帯で私に電話できたということにちょっとびっくり。
使い方覚えてるんやね~

主人に車を出してもらって迎えにいくと、見送ってくれたスタッフの人に「ありがと~」と言って手を振っていました。
やさしそうなスタッフさん。

家に帰ると、母は「空気入れ替えよ。締め切ってたから」とか「冷蔵庫になんにもないから買ってきてー」とか
いつもと同じ、いや足取りは行く前よりいいくらい。
あまりに暑い夏に散歩に連れていけなくて、家の中の歩行だけだったのでちょっと足が弱ったと思っていたけれど。
ショートに行ったところは広い施設なのでいっぱい歩いたのかもしれません。

いつもの母とおしゃべりしながらコーヒー入れて。
お風呂の後にアセモのチェックして。
母にも私にも日常が戻ってきました。


スポンサーサイト



テーマ: ひとりごと | ジャンル: ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する