FC2ブログ

英語多読 犬のサリーの絵本を3冊

この日記、パソの調子が悪くて何度も消えて...もういいや~って気持ち。
今書いていても消えるかも~

先日図書館でお借りしてきた絵本です。

この絵本作家さんは、版画家だったり、彫刻家だったり、木工家具作家?だったりするようです。
主人公の犬サリーはステファンさんと奥様と一緒にすんでいるワンちゃんですって♪



★Sally Goes to the Vet / Stephen Huneck

犬のサリー、仲良しのネコと走り回っていたら頭を打って病院へ~

語り手が犬です。
初めてお医者さんに行く(自分の記憶の中で初めてってことですけど)子どもが
サリーみたいに頑張ろうね~って読んでもらうのだろうか?
私、お医者さんきら~い。こわ~い。
いい年して医者嫌いです...

語数320語




★Sally Goes to the Farm / Stephen Huneck

家族と一緒にサリーは農場に行きます。
農場の犬モリーともお友達になり、動物たちとも楽しんで~

サリーは都会のわんこなのですかね?
語数150語



★Sally Goes to the Mountains / Stephen Huneck

今度はサリーは山へ行く~
で、ヘラジカに出会ったり、ビーバーにであったり、
おー、熊に出会っちゃった???

語数210語

このサリーのお話はもう何冊かあるようです。
でも、このあたりの図書館にはこの3冊だけみたい。

語数も少なく、絵がきれいで
多読の始めたばかりのころでも安心して手に取れそうな絵本ですね。

読みやすさレベルはYL1.5~1.8くらいかな?
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する