FC2ブログ

英語多読 The Further Tale of Petter Rabbit”

先日ボロボロになりながらも、図書館でお借りしてきた絵本を読んでいます。
重たい絵本を10冊もお借りしたらキャリーバッグも壊れるというものですよね。

お借りしてきた絵本はピーターラビットの絵本です。
でも、オリジナルのベアトリクス・ポターさんのものではありません。

エマ・トンプソンさんが文章を書いたものです。
イラストはエレノア・テイラーさんのものです。

エマ・トンプソンさんは皆さんご存知の英国の女優さんです。
ハリーポッターの映画でもトレロニー先生を演じてましたね~。





★The Further Tale of Peter Rabbit / Emma Thompson、Illustrated by Eleanor Taylor

ピーターはこりもせず、またマクレガーさんの畑に入ってレタスを食べたりしています。
馬車につまれたバスケットの中に潜り込んでサンドウィッチを食べてお腹いっぱいのピーターは眠ってしまいました。
ゴトンと馬車が止まって目が覚めて、バスケットから逃げ出したピーター。
そこはスコットランドでした。

ピーターたちは湖水地方に住んでいるからスコットランドもそんなに遠くない。
フィンレイ・マクバーニーという名の茶色いうさぎに出会います。
なんとピーターがいなくなったのでお母さんが郵便馬車で知らせてきたらしい。


挿絵はとってもよく似せてあります。でもやっぱり違うけれどね♪
スコットランドなので、つりがね草やアザミが描かれています。
そうそう、マクバーニーさんはスコットランドの民族衣装キルト(スカートみたいなやつね)を着ています。
マクバニーの奥さんはハギス(羊の胃袋に内蔵などをミンチにして詰めて作ったスコットランドの食べ物)をピーターが家に帰るときに持たせてくれたりします。



ベアトリクス・ポターさんのピーターラビットを知らなくても楽しめますね。
でも、知ってた方がおもしろいかな?

読みやすさレベルはオリジナルのピーターラビットより読みやすいと思います。
やみやすさレベルYL2.0~2.5といったところかしら?
語数は1000語。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する