FC2ブログ

英語多読 John Burninghamさんの絵本 もう少し

ジョン・バーニンガムさんは多作なようです。
私が読んだものだけでも、まだまだあります。

 Avocado Baby.jpg  Husherbye.jpg  Granpa.jpg

★Avocado Baby  『アボカド・ベイビ-』

 生まれたばかりの赤ちゃんが、何にも食べてくれなくて涙するおかあさん。
 アボカドを食べさせてみると、まぁびっくり、スーパーベィビーになっちゃったのです!

★Husherbye  『ねんころりん』

 おやすみなさいの絵本です。
 お母さん猫は子猫と休むところをさがしています。
 あかちゃんもおねむ、3びきの熊たちも、おさかなも。
 はい、おやすみなさい。

 UK版は『HUSHERBYE』US版は『HUSHABYE』とスペルが違うようです。

★Granpa  『おじいちゃん』

 おじいちゃんと幼い孫娘の会話がちっともかみ合っていないのですが、
 ふたりはとってもなかよしです。
 
 かみ合わない会話がおもしろくて読んでいるうちに、ほのぼのした気持ちになってきます。
 最後はちょっと悲しいけれど。

   Come Away from the Water, Shirley.jpg  

★Come away from the water,Sherley  『なみにきをつけて、シャーリー』

 海に遊びに来たシャーリーとパパとママ。
 左のページはパパとママがくつろいでいます。
 右のページはシャーリーが冒険を繰り広げます。
 左は現実の世界、大人は海辺でくつろいでいますが
 右はシャーリーの想像の世界。もう大人には入っていけない世界なのね。


      Courtney.jpg

★Courtney  『コートニー』

 犬を飼いたいという子供たちのために両親は子ども達を連れて犬を探しに来ました。
 いろんないぬがいるのに、どうしてだか子供達が選んだのは、かわいい子犬でもなく、きれいでもない老犬。
 ところが、この老犬コートニー、ただものではなかったのです。
 
 どれも、やさしい気持ちにあふれた絵本です。
 絵本は図書館でお借りしているのですが、図書館に置いていない本も読みたいなぁ。
 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する