FC2ブログ

英語多読 “Murder, She wrote:Murder on the QE2”

え~っと、ほとんど忘れていたかのような多読の日記...
夏バテ中はお休みしていましたよ~

なので、復帰一冊目はなぜかミステリー。
半年ぶりのペーパーバック。
というか、ほとんど絵本か児童書しか読んでいないわたしには稀なことです。

深刻な話でなく、感動ものでもない、きら~くに読めるミステリーが読みたかったの。
気楽といっても殺人事件ですけどね。

Murder,She Wroteというのはアメリカのテレビシリーズで、日本語の題名は『ジェシカおばさんの事件簿』
昔NHKで森光子さんの吹き替えで放送していました。
テレビシリーズより後にテレビ映画としても何作かあるのをみたこともありますね。

主演は、アンジェラ・ランズベリーさん。
本はドラマからのノベライズドされたものですかね。

Murder, She Wrote: Murder on the QE2 (Murder She Wrote)Murder, She Wrote: Murder on the QE2 (Murder She Wrote)
(1997/10/01)
Jessica Fletcher、Donald Bain 他

商品詳細を見る


★Murder on the QE2

クィーンエリザベス2世号でレクチャーを頼まれた人気ミステリー作家のジェシカ。
亡き夫との思いでのあるQE2に乗船する。
他にもレクチャーをする有名人、かつて有名だった女優や人気料理人なども乗船。
もちろん、記念にとお金を貯めてやってきた普通のご夫婦や村のミステリーの懸賞で乗船したおばあさんなども。

そんなジェシカは、懸賞に選ばれてQE2に乗ったミステリー好きの老婦人メアリーと知り合います。
ふたりは昔からの知り合いのように仲良くなり、船上を散歩しているとき
メアリーがふと覗き込んだ救命ボートに死体が!
死体はかつての有名女優だった。犯人は船上にいる。
犯人は誰だ?

クイーンエリザベス2世号ってどんなに豪華だろう?なんて想像しながら読むのは楽しかったですねぇ。
殺人事件だけど。(笑)
今回はキャボットコーブという田舎町ではないけれど、船上ということで同じような小さな村のような設定。
乗船客は小さな村の人々のように殺人事件の噂をし、本当も嘘もまざって噂は船上を巡ります。

このテレビシリーズの魅力はメイン州のキャボットコーブという田舎町の人のいいジェシカおばさん。
ジェシカの人柄と好奇心旺盛で活動的なところ。
そして、田舎のおばさんでありながら人気ミステリー作家なので有名人とも知り合いだったりするギャップかな?

偶然古本屋さんで見つけて買った本だったのですが、面白かったのでこのシリーズの他のも機会があれば読んでみようかな?

読みやすさレベルYL6.0~7.0くらいかな?
語数は約75000語ってところかな?


主演のアンジェラ・ランズベリーさん、お若いころに映画『ガス灯』に出ていらっしゃるんです。
特徴のあるお顔なので、なにげなく古い映画を見ていてみつけました。
メイドさんの役でしたかね。好きな女優さんです。

そういえば、学生の頃クラブの友達といっしょにアガサ・クリスティーの映画を見に行きました。
「クリスタル殺人事件」(「鏡は横にひび割れて」)原題は”The Mirror Crack'd from Side to Side”
ミスマープルのシリーズです。
この時ミスマープルを演じていたのがアンジェラ・ランズベリーさんでした。
エリザベス・テーラーやロック・ハドソンも出演の豪華な映画でしたわ。
なつかし~
スポンサーサイト



テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する