FC2ブログ

ドイツ語多読 〟Rumpelstilzchen”

再読です。
グリムのお話『ランペルスティルスキン』。
なのでドイツ語の題名は『ランペルシュティルヘェン』(でいいのかな?)

    
RumpelstilzchenRumpelstilzchen
(2013/04)
Eleni Livanios (Zabini)

商品詳細を見る


以前に読んだときより理解度があがっていてよかった~
しばらく、英語もドイツ語も多読がストップしていたので。
久しぶりに読んでも後戻りしていなくて何よりです。

あらすじは
貧乏は粉ひきの男が「うちの娘は藁を金の糸に紡ぐことができる」とほらを吹きます。
その娘を連れてこいと王が言います。
娘は塔に閉じ込められて、できもしない金の糸を紡がなければいけなくなりました。
その娘を助けてくれたのはランペルシュティルヘェン。
金の糸を紡いで、かわりに娘はネックレスなどをあげるのです。
でも、もうあげるものがなくなってしまいました。
ランペルシュティルヘェンに「初めてのこどもをわたす」約束をさせられます。


ランペルシュティルヘェンは、こどもを連れて行く悪い奴ということですが、
本当に悪いのは誰?
嘘つき父ちゃん。
娘を閉じ込めて金の糸を手に入れようとする強欲な王。

金の糸を紡いでやったのに、妖精はお気の毒ですよ~

こどもを取られるってお話は昔話によくあります。
きっと昔はこどもを亡くすことが多かったのでしょうねぇ。
取り換え子伝説もありますしね。(チェンジリングですね)
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する