FC2ブログ

ドイツ語多少読 “Das Gespenst im Garten”

3冊が1冊に合本になっている本の中の2冊目。
易しいドイツ語の本なので、すぐに読めてしまうの。
でも、もったいないような気がして~(けちんぼ~ 笑)

2冊目に入っていたのはこれ↓

Meisterdetektive Benjamin Katz Und Das Gespenst Im GartenMeisterdetektive Benjamin Katz Und Das Gespenst Im Garten
(2005/10/12)
Katja Konigsberg、Dagmar Henze 他

商品詳細を見る


合本になったものしか手に入らないですねぇ。
易しい本で面白かったので、こんな感じのものみつかるといいな~

★Meisterdetektiv Benjamin Katz - Das Gespenst im Garten

ベンジャミン・カッツは探偵です。
今回の依頼は、夕食会に用意した鶏もも肉が盗まれたというもの。
しかも、犯人を見かけたが「幽霊だった!」というのです。
幽霊の泥棒をみつけることができるかしら?


夕食会をするのですが、その夕食ってAbentessen(夕食)じゃなくてAbentbrotと書いてあったんです。
brotってパンですよね。夜パン?
ドイツの人って夜に火を使わない食事をするらしいと聞いたことを思い出しました~

パンとチーズとかそんなのでしょうか?
でも、このお話では鶏もも肉の焼いたものを食べてます。
どういうわけか焼きたてじゃなくて、窓辺で冷ましているんですけどね...


夕食に重きを置くのは日本人独特?
英語でもdinnerは一日のなかで一番重要な食事ということで
「大草原のちいさな家」シリーズではお昼ご飯がdinnerでした。

ひとりだけのお昼ご飯は、ちゃちゃちゃっと済ませちゃうことが多い私。
Mittagbrotだね~
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する