FC2ブログ

アメリカ旅行 (その9)

あちらこちらと寄り道をしていましたが、ラスベガスに着きました。
なんというか、今まで大自然の中にいただけに目がパチクリ!
自分達がおもちゃ箱に迷い込んでしまったような気がしてきます。

とりあえず、ホテルにチェックイン。
私たちが泊まるホテルはラスベガスのメインの通り(ストリップ)からは外れたところにあります。
かなりお安い宿泊料金だったのですが、「現地の人に人気の...」とあったのでここに決めました。

Sam’s Townというカジノもあるホテル、でも小さいのだろうと思っていたら、結構大きい。
Townというだけあって、カジノで遊んで、食事もできて、ヘアーサロンもあって、お買い物もできる。
ここのカジノはいたってカジュアルです。
部屋も豪華絢爛とはいきませんが、きれいな部屋でした。
必要なものはちゃんとそろっているし、これで、グランドキャニオンで泊まったホテルの半額以下なら文句なし。

ここからストリップに行くにもシャトルがあります。
私たちはレンタカーなので使いませんでしたが、食事にでかけてお酒を飲みたい時にいいですね。
ストリップに行って映画なんかでおなじみの有名なホテルを散策。

  ラスベガス 0020002.jpg

   MGMのライオンの像です。↓キンピカね。

  ラスベガス 0010001.jpg

宿泊しないホテルを見て廻るのもおもしろいです。ショップもいろいろありますしね。
せっかくラスベガスなのでショーを見たいなぁと、チケットを手に入れに行きました。

貧乏旅行なので、当日券だと半額で買えると調べておきました。
観てきたのは『Mamma Mia』

  mammamia2.jpg

(日本でも劇団四季が上演してますね。大阪にもきます。)
ABBAの曲が劇中22曲使われているミュージカル(コメディー?)ショーです。
若い方はABBAを知らないかも。わが家にはレコードがあります。(CDじゃないよ~笑)
主人が持っていました。中学の時に買ったのかしら?小学校じゃないだろうなぁ?

劇場の客層は、若い方ももちろんいらっしゃいますが、私たちより年上の方が多かった。
その人たちが、もうノリノリで「ヒュー」と声をかけるわ、立ち上がって一緒に歌いだすわ。
いい年(失礼)したおじさまたちが、かわいいったら。私の隣の席のおじさまもイスを揺らしてました。
考えてみたら、ABBAが流行った頃彼らは若かった。丁度そうゆう年代なんですよね。
曲にあわせて、うまくストーリーができています。コメディータッチなので楽しいです。

エンディングは全員が舞台に出てきて『Dancing Queen』 や 『Waterloo 』を大合唱!
客席も大騒ぎです。立ち上がって踊りだしたりね。ディスコ(知ってる?)ミュージックですからね。
ショーが終わって出てくるお客さんも口々に歌を口ずさむ。何だか足も軽やか~。
出口でCDを売っていましたが、きっとよく売れたでしょう。
楽しかった~♪

モールでお買い物したり、3泊しかしなかったので、あっという間に2日が過ぎてしまいました。
最後の夜に3時間だけスロットもやってみました。他はルールを知らない...
3時間で20ドルで遊んでました。もうかってませんが大金をすったわけでもなく楽しみましたー。
おもしろかったです。レバーをガチャッってやらないんだーって変なことにカンシンしたりして。

あー、これで私たちの旅も終わりです。
翌朝はすごーく早起きで飛行機に乗らなければー。
旅の思い出話にお付き合いいただいた方々、ありがとうございました。



こともなく終わったと思われた今回のアメリカ旅行、実は日本への飛行機に乗るサンフランシスコの空港でちょっとありました。

それは、また。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する