FC2ブログ

英語多読 “The Wild Christmas Reindeer”

ちょっと早いけれど、クリスマスの絵本を読んだら、以前に読んだクリスマスの絵本を思い出しました。
ずーっと前に多読のお友達にお借りして読んだ絵本。

その人は、おもわず「一財産あるわよね~」って言っちゃったくらい絵本を持ってらっしゃいました~。
私はそんなに買っても置く場所もないですが、ブックオフで見つけてつい買ってしまっり。

お借りして読んだ本で買ってしまうのは、絵が好きだったり、面白いお話だったり。
インターネットの本屋さんで出会ってもスルーしてしまうかもしれない本も、手に取って読んでみて初めていいな~って思うこともよくあること。

外国へ行く機会があると、観光に行ったのに本屋さんが気になります。
大手のチェーン店も、もちろんそこの店員さんのセンスもあってか、
ずら~りとかなりの場所を取って壁に絵本の表紙を表に並べてくださっているお店もあります。

小さい街に行くと、本屋さんに新しい本と中古本を一緒に置いているお店があったりも。
同じ本を新しい本と中古の本が並んで棚にあって、もちろん値段が違っていて、どっちにしようかな?って買えます。
こんなお店もいいな~って思います。

この絵本はブックオフで買ってきました。
アメリカにもブックオフが進出してるんですね~。
でも、ブックオフさん、個人の古本屋さんつぶさないでね~。

The Wild Christmas ReindeerThe Wild Christmas Reindeer
(1998/10/05)
Jan Brett

商品詳細を見る


★The Wild Christmas Reindeer / Jan Brett

ティーカは北極に住んでいて、それこそサンタのお膝元♪
ことしは、サンタにトナカイのお世話を頼まれました!
クリスマスの後ツンドラで自由に暮らしているトナカイたちをサンタの橇を引かせるために訓練しなくちゃ~。
さて~、ティーカはうまくやり遂げられるかしら?


Jan Brettさんの絵本の多くは面白い描かれ方をしているのです。
真ん中はストーリーの挿絵。
ストーリーの裏で進んでいるだろうお話がメインの挿絵の枠の外に描かれているのです。
でもそれがちゃんとつながっているのですよ♪

面白い描き方ですよね。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する