FC2ブログ

ドイツ語多少読 “Rumpelstilzchen”

買い足したドイツ語絵本のうちのもう一冊。
『ランペルスティルスキン』です。

グリムのお話しの中では、「シンデレラ」ほどは有名じゃないですね。
以前、英語の絵本で読んだので『ランペルスティルスキン』と覚えていたのですが、
日本語に訳されている題名は『ルンペルシュティルツヒェン』
ドイツ語の名前だったのですねぇ。(あたりまえかな~?)

RumpelstilzchenRumpelstilzchen
(2013/04)
Eleni Zabini

商品詳細を見る


★Rumpelstilzchen

昔々、粉屋がおりました。粉屋には美しい娘がおりました。
ある時、粉屋は王様に出会いました。
粉屋は王様に「私の娘は藁を金に紡ぐことができるのです。」と言ってしまいました。

王に呼ばれた娘は藁を金に紡ぐように言われます。
そんなことができるはずもありません。
娘が泣いていると、小さな男が現れて言いました。
「代わりに金を紡いでやったら何をくれる?」
娘は首飾りを揚げました。

王様がもっと紡げというので、次は指輪を。
とうとう、娘は何もあげるものはないと言いました。
そうすると、その小さな男は「では、お前の最初のこどもをくれ」と言うのです。
「こどもをあげることなんてできるわけないわ」といいましたが、とうとうそれを約束してしまったのです。

王は娘を妃にしました。
娘は幸せに暮らしていました。
初めてのこどもが生まれたときです、あの小さい男がやってきたのです。

こどもを取られたくないのなら、自分の名前を言ってみろという小さい男。
三日のうちに名前を言えなかったら、こどもを連れて行くといいました。

妃の家来が名前を探しに(???)森にいきますと、
家の前で火を焚いて歌っている小さい男を見かけます。
聞いていると、なんと男は自分の名前を言っている!

お妃になった娘はルンペルシュティルツヒェンの名を告げて、
こどもを手放さずにすみました。


こどもが無事で、めでたしめでたしです。
が、なんで粉屋のお父さんはあんなことを言ってしまったんだ~
王妃の父になりたかったのかな?
それにしちゃできそうにないことを...。
まぁ、メルヘンですもんね。妖精が助けてくれることを期待していたのか?

ドイツ語、もうちょっと読めるようにならないかな~。
もっと読めばいいのよね。
たくさん読めばいいのよねぇ。読もうっと。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

No title

こんにちわ。

お父さん、ハッタリをかましてますよね。
娘はいい迷惑ですよ。
めでたしめでたしで良かったけど。

私もコツコツ(ボチボチ)とフランス語の音読してます。
今は、CD聴いてイントネーションとか ‘フランス語らしい’言い回しをマスターできるよう意識しています。
英語とはまた違う感じがします。
‘あごの下に力を入れる感じ’の言い方とかあって・・・
あごがスリムになれば  一石二鳥だ!! 
2年ぐらいすればCDなくても自分で、ある程度 ‘フランス語らしく’ 読めるかな?

2013/10/11 (Fri) 09:27 | giraffer SACHI #- | URL | 編集
Re: No title

> こんにちわ。

 こんにちは~

> お父さん、ハッタリをかましてますよね。
> 娘はいい迷惑ですよ。
> めでたしめでたしで良かったけど。
 
 藁を金に紡げなかったら殺されるって話ですからね...父さん、しっかりしてよって感じです。
 まぁ、昔話って子供を森に捨てたりしますし~
 これくらいはあり?

> 私もコツコツ(ボチボチ)とフランス語の音読してます。
> 今は、CD聴いてイントネーションとか ‘フランス語らしい’言い回しをマスターできるよう意識しています。

 やっぱり音があるといいですね。

> 英語とはまた違う感じがします。
> ‘あごの下に力を入れる感じ’の言い方とかあって・・・
> あごがスリムになれば  一石二鳥だ!! 
> 2年ぐらいすればCDなくても自分で、ある程度 ‘フランス語らしく’ 読めるかな?

 あごがスリムに!!!
 だったら次はフランス語を!
 ドイツ語は...食べ物ばかりが気になって調べちゃったりして
 ほっぺがふっくらしそうです

2013/10/11 (Fri) 21:36 | ☆☆☆はるこ☆☆☆ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する