FC2ブログ

ドイツ語多少読 “Aschenputtel”

何冊か買い足したドイツ語の絵本。
CDも買ったのですが、今日読んだものは音源には入っていませんでした。
“Aschenputtel”『シンデレラ』のお話です。

英語でもashも、cinderも灰。シンデレラはcinderから名づけられているのですね。
『灰かぶり姫』と訳されたりしますよね。
お姫様物語で一番有名なものですね~。

言い伝えで広がったお話なので、いろんな国で似たお話があるようです。
中国の纏足が小さい足のお話の素になっているとかも聞いたことがあります。

AschenputtelAschenputtel
(2013/04)
Eleni Zabini

商品詳細を見る


★Aschenputtel

お話はご存じのとおりです。

継母と継姉妹はシンデレラをいじめます。
王子様の舞踏会に出たかったシンデレラですが、着て行くドレスもありません。

ここからが違っているのです。
「魔法使いのおばあさん」も「かぼちゃの馬車」も「ガラスの靴」も出てきません。
これらはペローが付けたしたと言われているようです。
ペローの影響を受けたと言われるグリム兄弟のお話ですが、
シンデレラのお話ではペローよりもグリムのお話のほうが古いお話に近いそうです。

シンデレラの美しいドレスは小鳥(鳩かしら?)が運んできます。
靴は金の靴。

そっか~、英語で読んだシンデレラのお話にもいろいろあるようですし、読み比べるのも面白そうです♪
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する