FC2ブログ

ドイツ語多少読

ドイツ語を読み始めたとき、何を買ったらいいかわからなくて、数冊絵本を買いました。
『ローラのお星さま』のシリーズです。

1冊目のお話は文章も少なくて、比較的やさしかったのです。
でも、2冊目からは語数も増えて、私には難しかったので置いてありました。

近頃、ドイツ語も少しは読めるようになってきたので引っ張り出してきました。

Lauras Stern und die TraummonsterLauras Stern und die Traummonster
(2006/09)
Klaus Baumgart

商品詳細を見る


★Lauras Stern und die Traummonster / Klaus Baumgart

ローラの弟のトミーが「かいぶつにおもちゃの犬を盗られた~」というのです。
ふたりはローラのおほしさまに助けられ夢の世界に旅に出ます。


夢に出てくる怪物、なかなかおとぼけ顔なんです。
で、ローラに”Haut ab!”と一喝されるとー、逃げ出します♪
abhautでしょうか?「本当の姿をみせなさい!」って感じでしょうかね。
abが後ろにいっちゃうのねぇ、ドイツ語って~。たぶんそういうことですよね。

絵がきれいで楽しい絵本♪
以前より読めるようになっていて、うれい~!
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する