FC2ブログ

ドイツ語多少読 “Hänsel und Gretel”

どういうわけだか、続いていますよ~ドイツ語の多少読。
少しは多読に近づいたかな。

子ども用の絵本用にやさしく書き直された『ヘンゼルとグレーテル』を再読。
でも、最初に読んだことは記録に残っていないのよね~。
きっとあまり読めなかったのだなぁって思います。(まるで人ごと~)

Haensel und GretelHaensel und Gretel
(2010/10)
Eleni Zabini

商品詳細を見る


★Hänsel und Gretel

内容は書くまでもありませんね~

「読めるようになってきているのは、気のせいかしら?」
って思ったりして、再読を続けています。

まだ読めない、1ページにわからない単語が多すぎる~って本もあるのです。
レベルわけされていても、そういうことがあるんですよねぇ、私には。
レベルわけされているわけではないMaxi Bilderbuchのものは、なおのこと読めないものと読めるものがね~。

Maxi Bilderbuchの中のグリムのお話は読めない部分の多いものでした。
でも、今回読んでみて「読めてるわ~♪」ってうれしい。
もちろん、全部わかっていないのです。
知らない単語もいっぱいだけれど、読めるところが増えてきています。

楽し~
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する