FC2ブログ

ドイツ語多少読 Lauras Stern も再読

Lauras Sternの原作の絵本じゃなくて、Lesemausの中の『ローラのおほしさま』シリーズを再読しています。
何度目の再読かはわかりません。
最初に読んだ頃は、ほんとーにわかってなかったですから。

このLesemausのシリーズは文章の中の単語の代わりに絵が入っていて、単語どころかABCの読み方も知らなかった私にも少しはお話の内容がわかったのです。
その絵は後ろにまとめて単語リストになっています。

ドイツ語が読める人にとっては、この文章の中の絵はとっても邪魔なようです。
実際、わたしも今回読むまで「歯磨き粉のチューブ」だと思っていたものが「日焼け止め」だったのに気が付きました。(あはは~)
分かりにくいですよね~。
お母さんが「歯磨きわすれないでね~」って言ったのかと思ったら、「日焼け止めを忘れないでね~」だったのだー。

でも、単語を一つも知らなかったのに続いたのは、こんな本があったから。
それと、ぜんぜん読めてないのに読めたような気になっている、気楽な私の性格かしら?(笑)
多読をするには有利な性格ですね。

再読したのは、雨の日にお家で遊ぶローラたちのお話と、天気のいい日に公園で遊ぶローラたちの2冊。

Lauras Stern: Ein Regentag zu HauseLauras Stern: Ein Regentag zu Hause
(2010/06)
Klaus Baumgart

商品詳細を見る


Lauras Stern: Ein toller Tag im ParkLauras Stern: Ein toller Tag im Park
(2010/06)
Klaus Baumgart

商品詳細を見る


原作のローラの絵のほうが好きです。
原作は、最初の1冊は語数が少ないけれど、次からは語数が多くて~。
私には難しいのです。
もっと読めるようになりたいなぁ~
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する