FC2ブログ

ドイツ語多少読 Kasimirくんの絵本をまた~

ドイツ語の絵本の再読が続いています♪
ちょっと分かる単語が増えたからって、お調子者です~。
まぁ、そんなお気楽なタイプなので多読が気楽に続くのです。

Kasimir hat einen PlattenKasimir hat einen Platten
(2011/03)
Lars Klinting

商品詳細を見る


★Kasimir hat einen Platten / Lars Klinting

カシミアくんはフリッペとふたりで(二匹だね)自転車でピクニックに出かけます。
喜んで出かけたふたりですが、フリッペの自転車がパンク!
泣き出すフリッペをなぐさめて、パンクの修理をするカシミア。

ちゃーんとパンクが直せるんだねカシミアくん!
パンクの直し方が細かく描かれているのですよ。
パンクの修理は万国共通。
大工道具よりは道具の名前がわかります。(日本語でってことですよ)
だからって私にパンクは直せないけど...

ドイツって自転車の人が多いですね。
坂が少ないのでしょうかね?
歩道と自転車用のところとちゃんとわかれていたように思います。
田舎はちがうかもしれないけれど。

あ、でもカシミアくんの絵本はスウェーデンが原作のようです。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する