FC2ブログ

『七緒』を読んで

先日、やっと届いた七緒Vol7を読んでいたら、羽織やコートが欲しくなってしまいました。
だからと言って気楽に買える財力はありませんけれど。

      七緒(vol.7)

持っている羽織の袖のフリの長さが気になっています。
長いもの、短い物、そろっていないのです。

和裁をお稽古しているのですが、今やっと一年、とても羽織を縫うのはまだ無理そうです。
せめて、今持っているものの袖の長さを直したいと思っています。

10月からの和裁のお稽古も月の中頃からしか始まりません。
まだ、小千谷ちぢみも縫いあがっていませんし、次はウールのアンサンブルを教えていただこうと思っているし。
袖の直しは何時のことやらです。

長羽織を着ている方を見かけます。いいなぁ。
少し前は羽織の人気がなく、道行の方が好きと言っておられる方が多かったです。
『よそ行き』には道行のほうが向いていたからでしょうね。
お茶をなさる方はお茶席で羽織を着ないでしょうから、私の周りにはお茶をなさる着物姿の方が多かったからかもしれません。

私は羽織が好きなんですね。あまり持ってはいませんけれど、昔、母や親戚の伯母たちは皆羽織を着ていました。
カーディガンみたいに、部屋の中で着ていても良いのも気楽でいいです。

一枚、母の羽織を私のサイズに直したものがあります。
私が小さいころの写真を見ると母がよくその羽織を着ています。懐かしいなぁ。
長羽織ではありませんし、黒の羽織ですので普段にちょっとはおるものではないでしょうけれど、
白い大島(これも母の着物)に合わせて着てみよう。


近頃涼しくなってきて、着物で出歩きやすい気候ですが、今日は(関西では)昨日より暑いようです。
洗濯物がよく乾いてくれるでしょう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する