FC2ブログ

英語多読 “Samantha Saves the Day”

続けて読んでます。サマンサの物語の5巻。
続けてシリーズを読むのが苦手だったのですが、このシリーズは続きます。
なんでだろ~?

アメリカンガールのシリーズの中では、サマンサは恵まれた環境のお嬢さんで、ハラハラドキドキが少ないのです。
でも、5巻はSave the Day。ハラハラドキドキです!

Samantha Saves the Day: A Summer Story (American Girls Collection)Samantha Saves the Day: A Summer Story (American Girls Collection)
(1988/06)
Valerie Tripp

商品詳細を見る


★Samantha Saves the Day (A Summer Story))/ Valerie Tripp (Samantha's Story #5)

サマンサは夏をおばあさまの夏の別荘で過ごしています。
そこにアガサとアグネスのふたりもやってきました!
亡くなったおじいさまの親友というアドミラルも毎年やってきます。

湖の畔の別荘。湖には小さな島があるのです。
そこへ行こうというアガサとアグネス。
サマンサの顔色が変わりました。
ティアードロップ島と名のついた小島に行くには岩がごろごろある危険なところをボートで通らなければなりません。
サマンサの両親はそこで溺れて死んでしまっていたのでした。

サマンサ達は屋根裏でサマンサのママが描いたティアードロップ島のスケッチをみつけ、そこに行ってみることにしたのです。
ところが、嵐がやって来て...


ハラハラドキドキでしょ~

ところで、おじいさまの親友アドミラルって人の名前じゃありません。
最初は名前かと思ったのですがThe Admiralって出てきましたから、あれ?って。
時代からいっても、軍関係の階級かとなんだろうと思います。イギリス人だから海軍かも~。
英和辞書を引いても、日本と英国の軍の階級はイコールじゃないでしょうから、知らなくてもいいや~
そうおもって辞書も引かないまま。

翻訳家になるつもりもないからいいの~。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する