FC2ブログ

英語多読 “Always There”

多読をしばらく休んでいたので、易しい児童書ばかり読んでいました。
ちょっと体力回復~。
なので少し背伸びをしてティーンズのものを読んでみようと思いました。

多読のお友達に長いことお借りしているシリーズ『Heartland』。
これはもともとはドラマなんでしょうかね?

ほとんど知らない単語がでてこないような易しい児童書と比べると断然知らない単語率があがりますわ~。
同じシリーズを読んでいるので知らなかった単語も顔見知りの単語になって来ています。
それでもまだまだですね~。

Always There (Heartland)Always There (Heartland)
(2005/07)
Lauren Brooke

商品詳細を見る


★Always There(Heartland #20) / Lauren Brooke

亡き母の後を継いで心や身体が傷ついた馬を治療する牧場ハートランドで働いてきたエイミー。
高校を卒業する時期。卒業してもハートランドで働くことを考えてきたエイミーでした。
でももっと馬の病気のことに詳しくなるために上の学校に進むことにしました。(前巻のお話)

進路を決めたけれどハートランドを離れることに不安を感じているエイミー。
そんな時ハートランドに心に傷を負った馬がやってきます。
エイミーはハートランドのみんなの様子が少しおかしいことに気が付きます。
どうも、エイミーにその馬のことを世話させたくないようす。
ハートランドを離れる自分を阻害しているのかと思うエイミー。
実はその馬の心の傷はエイミーが母を亡くした時と同じ状況で負ったものだったのです。

母を亡くしたことから心に傷を残しているエイミー。
同じ傷を負った馬とどう向かい合っていくのでしょう。
ハートランドを離れて上の学校に行くことに迷いがあるエイミーはどうするのでしょう。

20巻でこのお話ハートランドのシリーズは終わりです~
気長に貸してくださったお友達に感謝です。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する