FC2ブログ

ドイツ語多少読 本日12月12日のアドベント

ドイツ語アドベントカレンダーの12月12日。

Eselってロバなんだ~。
多読で外国語を覚える時って動物の名前を覚えることが多いんです。
まぁ私が読んでいるのが絵本だからですが。

英語の時もそうでしたが、学校では動物の名前って一般的な犬や猫なんかは出てきても
「ガマガエル」「野ウサギ」(これも日本語と英語がぴったりなのかどうか?)「あらいぐま」「ハリネズミ」なんて出てこない。

でも、外国に行った時なんかは、特に私たち自然の多いところがすきなので「アライグマがゴミ箱から飛び出てきてびっくりしたよ!」なんて会話があったりするの。
あんがい会話のときには有効なの、動物の名前。

umeshu_460umeshu_convert_20121216130438.jpg

★Das Eselchen 

イエスさまが生まれたその馬小屋に一頭のロバがいました。
天使たちは天国の歌を歌い、牛は暖かい息でイエスさまを暖めます。
ところが、ロバは何もしてあげられなくてがっかりしています。
馬小屋に羊飼いがやってきました。
ロバは羊飼いたちに連れられて行きます。
「何もしてあげられないばかりが、そばにいることもできない。」と悲しむロバ。
でも、羊飼いたちはイエスさまに贈り物を届けるためにロバを連れて行ったのでした。
役に立つことができたうえ、イエスさまのそばにいられることを喜ぶロバでした~

クリスマスのお話にヨセフとマリアとともにいつも登場するロバ。
そのロバが主人公になったお話って初めて読みました~。

ロバくんを思い出す私...
若い人は知りませんよね。ロバくん。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する